Windows Server 2008 R2 のPowerShell

Windows Server 2008 R2 (以降Win2008 R2)では PowerShell の Ver.2.0が標準搭載されています。

これは、Win2008 R2をインストールするとタスクバーにPowerShellのアイコンがあることからもわかります。

PowerShell のバージョンは 自動変数 $PSVersionTable で確認することができます。

(PSVersionのところが「2.0」と表示されます)

PowerShell 2.0では専用のエディタPowerShell ISEが使用できるのですが、デフォルトではインストールされていません。

もしもPowerShell ISEを使用したい場合には「機能の追加ウィザード」で「Windows PowerShell Integrated Environment(ISE)」にチェックを付けてインストールを行います。

もしも、.NET Framaework 3.5.1 がインストールされていない場合には下図のようにインストールするかどうかを聞かれるので、[必要な機能を追加]ボタンを押してインストールをしましょう。

下記のように、.NET Framework のインストールおよび PowerShell ISE がインストールされます。

インストールが完了すると、[アクセサリ]-[Windows PowerShell] に PowerShell ISE が追加されます。

今回は、Win2008 R2 で PowerShell を使用するための準備について説明しました。

今後は Active Directoryを管理する方法について書いていこうと検討中です。

[TechCenter] Windwos Server 2008 R2にPowerShell ISEをインストールする方法

Windows Server TechCenterTechCenter にて「ヒント: Windows Server 2008 R2 に Windows PowerShell のグラフィカルなスクリプト環境をインストールする」という記事が公開されています。

この記事では、Windows Server 2008 R2にPowerShell ISEをインストールする方法を説明しています。

まだインストールしていない方は是非読んでみてださい。