Windows XP SP3 に Windows PowerShell RC2.0をインストールする方法

マイクロソフト エバンジェリスト田辺さんのブログでも紹介されている通り、

Windows XP SP3 と Windows Server 2003 SP3 用のWindos PowerShell RC2が公開されました。

私のWindows XP SP3の環境にインストールしましたので、スクリーンショット付きで紹介します。

リリースノートには「このビルドは RC リリースであるため、セルフホスト システム上に展開することは避けてください。」の注意書きがありました。

インストールする際は、ご自身の責任の下で行ってください。

の順で紹介します。


Windows PowerShell 2.0 RCの入手

入手先はMicrosoft Connect

Windows Management Framework

Microsoft Connect is Retired - Collaborate
Users get redirected to this page when they try to access Microsoft Connect.

からダウンロードできます。

Windows XP SP3 X86系は、Core (PowerShell and WinRM) for XP (Localized) のリンクをクリックします(図1)。


図1 Core (PowerShell and WinRM) for XP (Localized) のリンク

次に、ダウンロード可能なファイルのリストが表示されるので、

  1. WMF_RC_Release_Notes_Japanese.doc
  2. How to Provide Feedback.htm
  3. ja-JP_Core_XP_x86_KB968930.exe

にチェックを付け、[ダウンロード]ボタンをクリックします。

(1. 2. は必須ではありません。 3.だけでもOKです)


図2 ダウンロードするファイルの選択


Windows PowerShell 前バージョンのアンインストール

Windows PowerShell 2.0 RC は前のバージョンとは共存することができません。

もしも、Windows PowerShell 1.0 がインストールされている場合にはアンインストールを先に行う必要があります。

Windows PowerShellがインストールされていない環境であれば、ここは読み飛ばして、Windows PowerShell 2.0 RCのインストール へ進んでください。

まずは、[コントロールパネル]-[プログラムの追加と削除]をクリックします。

以前のバージョンのPowerShellをリストに表示させるには[更新プログラムの表示]にチェックを付ける必要があります。

削除対象の「Windows PowerShell」を選択して[削除]ボタンをクリックします(図3)。


図3 Windows PowerShellのアンインストール


Windows PowerShell 2.0 RCのインストール

ダウンロードしてきた ja-JP_Core_XP_x86_KB968930.exe を実行して、Windows PowerShell 2.0 RC のインストールを開始します(図4)。


図4 「Windows 管理フレームワーク コア」のインストール

使用許諾契約をよく読んで[同意する]を選択し[次へ]ボタンをクリックします。


図5 使用許諾を読んで[次へ]をクリック

インストールが始まります(図6)。


図6 インストールの開始

インストールが完了したら[完了]ボタンをクリックします(図7)。


図7 インストール完了


Windows PowerShell 2.0 RC

インストールが完了すると[アクセサリ]に[Windows PowerShell]グループが追加されます(図8)。


図8 [アクセサリ]に追加されたWindows PowerShell

Windows PowerShell 2.0 RC の起動画面は図9の通りです。


図9 Windows PowerShell 2.0 RC

Windows PowerShell ISEの起動画面は図10の通りです。

残念なことにヘルプは英語でした。


図10 WIndows PowerShell ISE

コメント

タイトルとURLをコピーしました