[PowerShell V3] Windows 7にPowerShell V3をインストールするには?(改訂版)

前回の記事でWindows 7にWMF 3.0 BetaをインストールしてPowerShell V3を使用できるようにする方法を書きましたが、2012/6/1にWMF 3.0 RCが出ましたので改訂版として書いておきます。

ただし、現時点ではあくまでもRC版です。本記事で紹介する内容は保証するものではありません。ご自身の責任の下において行っていただくようお願いいたします

まずWMF 3.0 RCはhttp://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=29939 からダウンロードすることができます。

インストーラーは下表の通りです。

OS ダウンロード先
Windows 7 SP1またはWindows Server 2008 R2 SP1 / 64bit Windows6.1-KB2506143-x64.MSU 
Windows 7 SP1 32bit Windows6.1-KB2506143-x86.MSU
Windows Server 2008 SP2 64bit Windows6.0-KB2506146-x64.MSU 
Windows Server 2008 SP2 32bit Windows6.0-KB2506146-x86.MSU

インストーラーをダウンロードしたら即実行してインストール、と行きたいところですが前提条件があります。

前提条件

前提条件として下記が求められます(Betaのときは以下のほかに英語版OSであることというのがありました)。

  1. Windows 7 SP1以上であること
    SP1になっていない場合はWindows Updateでアップデートをします。
  2. .NET Framework 4がインストールされていること
    インストールされていない場合はhttp://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=9cfb2d51-5ff4-4491-b0e5-b386f32c0992 からダウンロードしてインストールします。
  3. あらかじめPowerShell ISEがインストールされていること
    PowerShell ISEがない場合はあらかじめインストールします。といっても既定でインストールされているはずなので特に問題ないはず。

前提条件が整ったら、ダウンロードしてきたインストーラーを起動します。

インストールするかどうかを聞かれるので[はい]ボタンをクリックします。

次にライセンス条項が表示されるので、よく読んで[同意]ボタンをクリックします。

インストールが始まります。

インストールが完了したら[今すぐ再起動]ボタンをクリックして再起動します。

下図はPowerShell V3のスクリーンショットです。見た目は変わりませんが$PSversionTableと入力すると バージョンが3.0であることを確認できます。

下図はPowerShell ISEです。右側にコマンドのパネルが追加されていますね。

PowerShell V3の新機能については今後このブログにて紹介していく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください