[PowerShell V3] 役割と機能の一覧

Windows Server 2012の「役割と機能の一覧」に表示される内容はコマンドレットで取得することができます。

まずは、GUIの「役割と機能の一覧」画面は下図の通り。

役割と機能の一覧

コマンドレットは Get-WindowsFeatureを使用します。

Get-WindowsFeature

Get-WindowsFeatureを実行すると、「役割と機能の一覧」で追加・削除することができる機能の一覧が表示され、インストール済みのものにはチェックがついていることがわかります。

主なパラメータとして下記があります。

パラメータ 説明
-name 情報を表示する役割、役割サービス、または機能のコマンド識別子を指定
-logpath ログ ファイルの名前と場所として、既定の windir%\logs\ServerManager.log 以外の名前と場所を指定

下記は役割の名称に「AD」が含まれるものを列挙する例です。Nameパラメータに「AD*」を指定して取得しています。

Get-WindowsFeatureの使用例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>