[PowerShell 2.0 入門] コマンドレットの使用方法を調べる

コマンドレットの使用方法を調べるには Get-Help というコマンドレットを使用します。

基本仕様方法は

Get-Help 調べたいコマンドレット名

です。

例えば、Get-Date の使用方法を調べるには下記のように入力します。

Get-Help Get-Date

上記で得られる使用方法の説明は、簡易的なものです。
より詳細な使用法を知りたい場合には、-Detailed パラメータを使用して、以下ののように Get-Help コマンドレットを実行します。
-Detailed パラメータを使用すると、使用可能なパラメータの説明や、コマンドレット使用例を参照することができます。

Get-Help Get-Date -Detailed

以上の方法を知っておけば、PowerShellのコマンドレットについて独学することができます。

Get-Help コマンドレットは、上記で示した以外にも多くのパラメータが備わっています。

たとえば -Example というパラメータを使用すれば、コマンドレットの使用例を参照することができます。

また -Online というパラメータを使用すると、インターネット上にあるコマンドレットのヘルプが表示されます。

この他にも多くのパラメータがありますので、Get-Helpコマンドレットで調べてみてください、

[PowerShell 2.0 入門] コマンドレット

PowerShell で使用するコマンドのことをコマンドレット(cmdlet)と呼びます.

コマンドレットは、従来のコマンドプロンプトで使用可能なコマンドとは異なり「動詞-名詞」という命名規則があります。

たとえば日付を取得するためのコマンドレットに Get-Date があります。

これは動詞部が Get で、名詞部が Date であることがわかります。

Get を直訳すると「取得する」という意味があることから、このコマンドレットを見れば「日付を取得するんだな」ということがわかるようになっています。

このように、PowerShellのコマンドレットは「動詞-名詞」となっていることで、なんとなくどのような動作をするのかを推測することが出来ます。

ためしにPowerShellを起動して Get-Dateと入力し、[Enter]キーを押してみましょう。

現在の日時が表示されたでしょうか?

このように、PowerShellにおけるコマンドレットの使用方法は非常に簡単です。

では、PowerShellで使用可能なコマンドレットはどのくらいあるのでしょうか?

使用可能なコマンドレット数を調べるには、Get-Command コマンドレットを使用します。

コンソールに下記のように入力して、実行してみましょう。

Get-Command -CommandType cmdlet

さて、Get-Commad コマンドレットの後ろに -CommandType と入力しましたが、これはパラメータと呼ばれるもので、コマンドレットにオプション機能の実行を指示するものです。

たいていのコマンドレットは、コマンドレット名を入力するだけで実行できますが、パラメータを与えることでより細やかな制御をすることができます。

使用可能なパラメータは、コマンドレットによって異なりますのでヘルプを参照するようにしましょう。

ヘルプの使用方法については後日改めて説明します。

話を Get-Commandのパラメータに戻しましょう。

今回は -Command cmdlet というパラメータを指定しました。

これは、「PowerShellで使用可能なコマンドレットのみを表示せよ」というパラメータになります。

このパラメータを付けずに実行すると、コマンドレット以外のものも(FunctionやAliasといったもの)表示されます。

次回は、ヘルプ機能について説明します。

[PowerShell 2.0 入門] Windows XP用PowerShell 2.0の入手方法

Windows XP用のPowerShell 2.0を入手する方法について説明します。

はじめにInternet Explorerを起動してWindows Updateを実行します。

次に、[カスタム]ボタンをクリックします。



次に「追加選択(ソフトウェア)」のリンクをクリックし、表示された一覧の中から「Windows XP および Windows Embedded 用の Windows PowerShell 2.0 および WinRM 2.0 (KB968930)」にチェックを付け、インストールを行ないます。

インストールが完了し、OSを再起動すると[スタート]-[アクセサリ]にPowerShellが追加されます。

[PowerShell 2.0 入門] はじめに

過去にWindows PowerShell 入門をこのブログで取り扱ってきました。

しかし、紹介してきたものはPowerShellのバージョンが1.0でしたので、今回からはバージョン2.0を用いて改めてPowerShell入門を連載していきたいと思います。

これからPowerShellを始めようとしている方も、もうすでにPowerShellを使用している方も、改めてPowerShellを学んでみませんか?

さて、前置きはこれくらいにして「PowerShellってなんだろう?」というところから始めていきましょう。

PowerShellとは Microsoftが開発した新しいシェル&スクリプティング環境です。

新しいとはいっても2006年に登場していますから、すでに歴史のあるシェルと言えるでしょう。

Windows OSのこれまでのシェルと言えば、コマンドプロンプトやエクスプローラが代表的なものです。

Unix系では csh, bashなどが該当します。

これまでのWindowsのシェル環境は Unix系のシェルと比較すると貧弱なものでした。またWindwosはサーバーOS市場にも進出してきました。これを管理するためのシェルとしてはDOSプロンプトやコマンドプロンプトでは十分な機能を持ち合わせおらず、これを補うために、WSH(Windows Scripting Host)と呼ばれるスクリプティング環境が提供されましたが、シェルには統合されませんでした。

こうした背景をふまえて、シェルでありながらスクリプティング環境も備えた Windows PowerShell が開発されました。

Windows PowerShell は.NET Frameworkをベースとしており、その膨大なクラスライブラリを使用したスクリプトや関数を作成することができます。

またインタプリタ環境であるために、作成したスクリプトをコンパイルしなければならないと言うことはありません。

さらに、PowerShell 2.0からはバックグラウンドジョブやリモート処理、PowerShell ISEと呼ばれる専用の開発&実行環境もあります。

ではPowerShell 2.0はどこで入手できるのかというと、Windows 7やWindows Server 2008 R2であれば標準搭載されています。

Windows 7では「アクセサリ」の中にPowerShellがあります。

そのほかのOS(Windows XP移行)はWinodws Updateから入手することができますので、是非これを機会に導入してみましょう。

次回からは実際にPowerShellの操作方法について説明していきます。

(なお管理人の都合により、不定期で記事を投稿しますので見逃さないようにチェックしてくださいませ)