キー操作(PowerShell 入門)

この記事は以前、http://blog.hiros-dot.net/ で書いたものです。

PowerShellでの入力で楽をするために、以下のキー操作を覚えておくことをお勧めします。

キー 説明
右矢印/左矢印 コマンドライン内のカーソルを左または右へ移動します
[Ctrl]+左矢印/[Ctrl]+右矢印 コマンドライン内のカーソルを1単語ずつ左または右へ移動します
上矢印/下矢印 いままでに入力したコマンド履歴を上または下へ移動します。
[Home] カーソルをコマンドラインの先頭へ移動します
[End] カーソルをコマンドラインの最後尾へ移動します
[Insert] 文字の挿入モードと上書きモードを切り替えます
[Delete] カーソル位置の文字を削除します
[Backspace] カーソルの左側の文字を削除します
F7 コンソールウィンドウにコマンド履歴を表示します。ユーザーは上矢印または下矢印で履歴からコマンドを選択し、[Enter]で実行することができます
[Tab] コマンドを保管入力します。(このページのTab補完を参照)

 

Tab補完

PowerShellでは、コマンドの一部を入力して[Tab]キーを押すと、コマンドを補完しようとします。

たとえばコマンドラインで "Add-" と入力して[Tab]キーを押すと

PS> Add-Content

もう一度押すと

PS> Add-History

のように、入力した文字に続く候補を[Tab]キーが押されるごとに表示します

このタブ保管はコマンドレットのパラメータにも有効です。(パラメータは後日説明したいと思います)

たとえば "Get-ChildItem -" までをコマンドラインで入力し[Tab]キーを押していくと、Get-ChildItemコマンドレットで使用可能なパラメータを表示させることが可能です。

さらに、メソッドやプロパティについてもTab保管機能は有効です。

ためしに次のように入力してみると

PS > $a = "abc"
PS > $a.Len<TAB>

 

PowerShellは次のようにプロパティを保管します

PS > $a.Length

今回紹介したキー操作をぜひ覚えて、PowerShellでの入力を楽にしましょう。

PowerShellのインストールと起動

PowerShellは、.NET Framework 2.0以上で動作するため、.NET Frameworkの再頒布可能パッケージを事前にインストールしておく必要があります。

OSがWindows Vistaの場合には、あらかじめインストールされていますので、必要ありません。

Microsoft .NET Framework Version 2.0 再頒布可能パッケージ (x86)はこちらからダウンロードできます。

つづいてPowerShellのインストーラですが

・WindowsXP SP2 及び Windows Server 2003用
http://support.microsoft.com/?kbid=926140 

・Windows Vista用
http://support.microsoft.com/?kbid=928439

から入手可能です。ダウンロードしたらインストールを実行してください。

・WindowsXP SP2 及び Windows Server 2003用
http://support.microsoft.com/?kbid=926140 

・Windows Vista用
http://support.microsoft.com/?kbid=928439

 

インストールしたPowerShellを起動するには

[スタート]-[すべてのプログラム]-[Windows PowerShell 1.0]-[Windows PowerShell]

をクリックします。

PowerShell入門はじめます

管理人のHIROです。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、HIRO's.NET Blogの方でPowerShell入門を書いております。

 今回、PowerShell専門サイトとして、この「PowerShell from Japan!!」を発足いたしました

PowerShell 初心者から上級ユーザー、全く知らないという方でも楽しめるサイトにしていきたいと思っています。

いままで、HIRO's.NET Blogの方で展開してきたPowerShell入門を改めて紹介しながら、新しいネタも紹介していこうと思います。

入門記事には「PowerShell 入門」タグを付けますので、フィルタリングしてご覧ください。