[SQL Server 2008]SQL PowerShellとスナップイン

SQL Server2008では、Windows PowerShellが新たにサポートされています。

PowerShellは、管理者や開発者がサーバー管理やアプリケーション配置を自動化できる強力なシェルで、PowerShell単体でも使用ができます。

このPowerShellがSQL Server2008にも搭載されたことによって、SQL Server 管理者は堅牢な管理スクリプトを構築できます。

私自身SQL Serverはあまり詳しくないのですが、このブログを通して勉強しつつ、みなさんにSQL Server PowerShellを紹介していきたいと思います。


SQL Sever専用スナップイン

SQL Server Power Shellでは2つのスナップインが用意されています。

・SQL Server操作専用コマンドレット(SqlServerCmdletSnapin100)

PowerShellスクリプトでSQL Serverを操作するためのコマンドレットのセットです。Transact-SQLやX-Queryステートメントなどのsqlcmdの実行をサポートします。

・SQL Serverプロバイダ(SqlServerProviderSnapin100)

このプロバイダを使用すると、ファイルシステムと同様の操作方法でSQL Serverオブジェクトのパスを操作することができます。(cd, dir, renなど)


通常のPowerShellでSQL Server専用スナップインを使用する

上記で紹介した2つのスナップインはSQL Sever PowerShellだけではなく、通常のPowerShellからも利用することが可能です。

前提条件としてSQL Server2008と通常のPowerShellがインストールされている必要があります。

まずは、通常のPowerShellを起動して、

PS> Get-PSSnapin -Registered

と入力してみてください。

SQL Severのスナップインが2つ表示されます。(環境によって、SQL Server以外のスナップインが表示される場合もあります)

通常のPowerShellでこれらのスナップインを使用できるようにするには、Add-PSSnapinコマンドレットを使用します。

PS > Add-PSSnapin SqlServerCmdletSnapin100PS > Add-PSSnapin SqlServerProviderSnapin100

追加が完了したら、Get-Comanndコマンドレットで、SQL Server用のコマンドレットが追加になっていることを確認してください。

ということで、今回はここまで。