[PowerShell V2 CTP3] Out-GridViewコマンドレット

PowerShell V2で新しく追加されたコマンドレットにOut-GridViewというコマンドレットがあります。

このコマンドレットは、コマンドの実行結果をコンソールウィンドウではなくグリッドに表示してくれます。

たとえば、サービス一覧を取得するGet-Serviceの結果をグリッドに表示するには

Get-Service | Out-GridView

のようにします。

このグリッドではデータの並べ替えや検索を行うことができます(図1)。


図1


まずは並べ替えについて見てみましょう。

グリッドにはGet-Serviceコマンドレットの取得結果としてStatus, Name, Displayが表示されています。

Status, Name, Displayの各ヘッダーはクリックすることができます。クリックする毎にデータを昇順・降順で並べ替えることが可能です(図2)。


図2


次にデータの検索について見てみましょう。

グリッドの上部に「Search」と書かれたテキストボックスがあります。ここに文字を入力すると、表示されている全データから入力された文字が含まれる行を絞り込みます(図3)。


図3

項目でデータの絞り込みを行いたい場合には、「Search」の脇にある[Query]をクリックします(図4)。

[Add]ボタンをクリックすると (図4)、現在表示されている項目がチェックリストとなって表示されます。


図4

ここで、検索対象とする項目にチェックを付けます。

たとえばNameにチェックを付けます(図5)。

図5

すると

and Name contains <Empty>

と表示されるので、検索条件を入力します。

図6

containsの部分はクリックして変更を行うことができます。選択可能な項目を表1に示します。

contains 指定された文字列を含む
does not contains 指定された文字列を含まない
starts with 指定された文字列で始まる
equals 指定された文字列と等しい
does not equals 指定された文字列と等しくない
ends with 指定された文字列で終わる
is empty 空(empty)である
is not empty 空(empty)ではない

Out-GridViewは簡単に使用できますので、是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>