復元ポイントを作成するには

CheckPoint-Computerコマンドレットを使用すると、ローカルコンピューターの復元ポイントを作成することができます。

このコマンドレットの実行には管理者権限が必要なので、注意が必要です。

復元ポイントを作成する際には、-Descriptionパラメータを使用して説明を記述する必要があります。

たとえば、「20120310の復元ポイント」という説明を加える場合には以下のようにします。

Checkpoint-Computer -Description "20130310の復元ポイント"

過去24時間以内に復元ポイントが作成されている場合には、下図のような警告メッセージが表示され、新しい復元ポイントを作成することはできません。

24時間以内に復元ポイントが作成され絵いる場合の例

-RestorePointTypeパラメータを使用すれば、復元ポイントの種類(表1)を指定することもできます。

 表1 復元ポイントの種類
説明
 APPLICATION_INSTALL アプリケーションのインストール
APPLICATION_UNINSTALL アプリケーションのアンインストール
DEVICE_DRIVER_INSTALL デバイスドライバのインストール
MODIFY_SETTINGS システム変更
CANCELLED_OPERATION 復元ポイント操作の取り消し

たとえば「アプリケーションのインストール」を種類に指定する場合には以下のようにします。

Checkpoint-Computer -Description "20130310の復元ポイント" -RestorePointType APPLICATION_INSTALL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です