システム復元を無効にするには

Disable-ComputerRestoreコマンドレットを使用すると、システムの復元機能を無効にすることができます。

このコマンドレットの実行には管理者権限が必要なので、注意が必要です。

このコマンドレットの実行には-Driveパラメータを必要とし、システム復元を無効にするドライブを指定する必要があります。

たとえばCドライブのシステム復元を有効にする場合には、下記のようにします。

Disable-ComputerRestore -Drive C:\

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です