[Tips] エクスプローラの右クリックメニューにpowershellを追加する

本記事は、レジストリを操作します。必ず自己責任の下において実行してください。


エクスプローラの右クリックメニューからPowerShellが起動できたら便利だとは思いませんか?

ということで、やってみたのでその方法を紹介します。

まず レジストリエディタを起動します。

powershell(コマンドプロンプトでもOK。ファイル名を指定して実行でもOK)上から regedit[Enter] で起動します。

HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\Shellに新しいキーとしてpowershellを作成します。

つぎに、powershellの下にcommandを作成して、値のデータを「powershell.exe -noexit -command “cd ‘%L’ “」にします(下図参照)。

レジストリの編集

 

編集が終わったら、エクスプローラを開いて、任意のフォルダを右クリックしてみてください。コンテキストメニューに「powershell」が追加されていることを確認できます。

「powershell」を選択すると、今選択したフォルダをがカレントディレクトリとなってPowerShellが起動します。

pwoershell2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>