[WMI] 論理ドライブ情報を取得する

WMIのWin32_LogicalDiskクラスを使用すると、論理ドライブの情報を取得することができます。

Win32_LogicalDiskクラスについては
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa394173(v=vs.85).aspx
が参考になるでしょう。

代表的なプロパティは下記の通りです。

Win32_LogicalDiskの代表的なプロパティ
プロパティ名 説明
DeviceID ドライブ名(デバイスID)
DriveType ドライブタイプ(数値で表されます)
Description 説明
FileSystem ファイルシステム(NTFS/FATなど)
FreeSpace ドライブの空き容量
Size ドライブ総容量
VolumeName ボリューム名

下記コマンドを実行すると論理ドライブの情報が表示されます。

Get-WmiObject Win32_LogicalDisk

下記は、DeviceID, FileSystem, FreeSpace, Size を表示する例です。

Get-WmiObject Win32_LogicalDisk | Format-Table DeviceID, FileSystem, FreeSpace, Size

[WMI] BIOS情報を取得する

WMIのWin32_Biosクラスを使用すると、BIOSの情報を取得することができます。

Win32_Biosクラスについてはhttp://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa394077(v=vs.85).aspxが参考になるでしょう。

下記コマンドを実行するとBIOSの情報が表示されます。

Get-WmiObject Win32_Bios

[WMI] マザーボード情報を取得する

WMIのWin32_BaseBoardクラスを使用すると、マザーボードの情報を取得することができます。

Win32_BaseBoardクラスについてはhttp://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa394072(v=vs.85).aspxが参考になるでしょう。

下記コマンドを実行するとマザーボードの情報が表示されます。

Get-WmiObject Win32_BaseBoard

必要な情報(例えば製造元とProduct)を表示させたい場合は下記のようにします。

Get-WmiObject Win32_BaseBoard | Format-List Manufacturer, Product

[WMI] 物理メモリの情報を取得する

WMIのWin32_PhysicalMemoryクラスを使用すると、物理メモリの情報を取得することができます。

Win32_PhysicalMemoryクラスについてはhttp://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa394347(v=vs.85).aspxが参考になるでしょう。

まずは、下記コマンドを実行して物理メモリ情報を表示させてみましょう。

Get-WmiObject -Class Win32_PhysicalMemory

実行すると、PCに搭載されている全メモリ情報をスロット毎に表示します。

今度は、必要な情報のみを表示させてみましょう。

下記は、バンク番号(BankLevel)と物理メモリ(Capacity)の容量(単位:バイト)を表示します。

Get-WmiObject -Class Win32_PhysicalMemory | Format-List BankLabel, Capacity

[WMI] CPU情報を取得する

WMIのクラスを使用するとCPU,メモリ容量,電源設定といった情報を簡単に取得することができます。

今回はWMIクラス「Win32_Processor」を使用してCPU情報を取得する方法を紹介します。

まず、PowerShellからWMIクラスを使用するにはGet-WMIObjectコマンドレットを使用し、使用するWMIクラスはClassパラメーターに指定します。

まずは下記のように入力してCPU情報を取得してみます。

Get-WmiObject -Class Win32_Processor

実行してみるとわかりますが、下図のようにだらだらとCPU情報が表示されます。

今度は必要な情報のみを抜き出してみたいと思います。

Win32_Processorクラスで取得できる情報は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa394373(v=vs.85).aspx を参照ください。

英語ですが、なんとなくどんな情報が返されるのかわかるかと思います。

下記は、CPU名称, コア数, 論理プロセッサ数, 最大クロック数を取得する例です。


Get-WmiObject -Class Win32_Processor | Format-List Name, NumberOfCores, NumberOfLogicalProcessors, MaxClockSpeed

最後に、Get-WmiObjectコマンドレットにはComputerパラメーターがあります。

このパラメーターを使用するとネットワークにある他のコンピューターからも情報を取得することができるので、是非お試しください。