[WMI] CPU情報を取得する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WMIのクラスを使用するとCPU,メモリ容量,電源設定といった情報を簡単に取得することができます。

今回はWMIクラス「Win32_Processor」を使用してCPU情報を取得する方法を紹介します。

まず、PowerShellからWMIクラスを使用するにはGet-WMIObjectコマンドレットを使用し、使用するWMIクラスはClassパラメーターに指定します。

まずは下記のように入力してCPU情報を取得してみます。

Get-WmiObject -Class Win32_Processor

実行してみるとわかりますが、下図のようにだらだらとCPU情報が表示されます。

今度は必要な情報のみを抜き出してみたいと思います。

Win32_Processorクラスで取得できる情報は http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa394373(v=vs.85).aspx を参照ください。

英語ですが、なんとなくどんな情報が返されるのかわかるかと思います。

下記は、CPU名称, コア数, 論理プロセッサ数, 最大クロック数を取得する例です。


Get-WmiObject -Class Win32_Processor | Format-List Name, NumberOfCores, NumberOfLogicalProcessors, MaxClockSpeed

最後に、Get-WmiObjectコマンドレットにはComputerパラメーターがあります。

このパラメーターを使用するとネットワークにある他のコンピューターからも情報を取得することができるので、是非お試しください。

WMI 未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PowerShell from Japan!! Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました