[Active Directory] Active Directory プロバイダ

PowerShell では Active Directory プロバイダを使用することができます。

では「プロバイダとは何か?」ですが、操作するデータストア(ファイルシステムやレジストリなど、環境変数など)に対して「同じコマンドで取り扱えるようにする仕組みを提供する機能」のことをいいます。

このプロバイダにより、New-Item や Copy-Item、Remove-Item といったコマンドレットを、様々なデータストア環境において同じように扱うことができます。

例えば New-Item コマンドレットであれば

  • ファイルシステムではファイルを作成する
  • レジストリではレジストリとキーを作成する
  • Active Directory ではユーザーを作成する

といったように「~を作成する」という共通動作を行います。これにより、システム別にコマンドレットを分けて覚える必要がなくなります。

さて、本題のActive Directory プロバイダについて見てみましょう。

まずは前回の記事を参考にActive Directoryモジュールを読み込んでおきましょう。

次に、下記のように入力します。

cd AD:

これで、PowerShell は下図に示すように、「PS AD:」という表示に切り替わります。

これは カレントのプロバイダが Acitve Directory に切り替わったことを意味します。

試しに

dir

と入力すると、現在の Active Directory のオブジェクト一覧が表示されます。

ここでもう1つ操作を行ってみましょう。

上図の DistinguishedName列 にある文字列を cd コマンド(Set-Locationコマンドレット)に渡すと、指定したActive Directoryのドライブへと移動することができます。

下記は DC=corp, DC=contso, DC=com へ移動した後、dir コマンドによりオブジェクト一覧を表示した例です。

今回は、Active Directory のプロバイダについて説明しました。

次回からは、Active Directory専用のコマンドレットについて取り上げていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>