PowerShell で DotNetZip を使用する ~自己解凍形式ファイルの作成~

引き続きPowerShellでDotNetZipを使用する例について取り上げます。

今回は、自己解凍形式のファイルを作成する方法です。

DotNetZipをPowerShellで使用する方法については、過去記事を参照ください。

早速ですが、自己解凍形式のファイルを作成するには SaveSelfExtractor というメソッドを使用します。

このメソッドの構文は

SaveSelfExtractor(“作成する自己解凍形式ファイルのパス”, 解凍オプション)

です。

解凍オプションはSelfExtractorFlavorという列挙体で下記に示すものがあります。

ConsoleApplication 解凍時にコンソールを表示
WinFormsApplication 解凍前に、ダイアログを表示する。このダイアログでは、自己解凍形式ファイルに含まれているファイルの確認を行うことができる。また[Extract]ボタンをクリックすることで解凍される。図1

図1 列挙体WinFormApplicationを指定した場合

たとえば C:\Work2\test.exe という自己解凍形式ファイルを作成する場合は

$zipfile.SaveSelfExtractor("C:\Work2\test.exe",[Ionic.Zip.SelfExtractorFlavor]::WinFormsApplication)

のように記述します。

参考までに、リストを掲載しておきます。

#自己解凍形式の圧縮ファイルを作成する[System.Reflection.Assembly]::LoadFrom("c:\work\Ionic.Zip.dll");$zipfile =  new-object Ionic.Zip.ZipFile$zipfile.AddFile("C:\Work\MyLib.dll")$zipfile.SaveSelfExtractor("C:\Work2\test.exe",[Ionic.Zip.SelfExtractorFlavor]::WinFormsApplication)$zipfile.Dispose()

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>