[ActiveDirectory] 組織単位管理(3) Set-ADOrganizationalUnit

Set-ADOrganizationalUnit

今回はSet-ADOrganizationalUnit(*1)コマンドレットを使用して、 既存のActiveDirectory組織単位(OU)のプロパティを変更する方法について説明します。
*1: Set-ADOrganizationalUnitコマンドレットはActiveDirectoryモジュールに含まれるコマンドレットの1つです。

既存の組織単位を取得してプロパティを変更する

既存の組織単位はGet-ADOrganizationUnitコマンドレットで取得することができます。

そこで、Get-ADOrganizationUnitコマンドレットを使用して、プロパティを変更したい組織単位を取得し、パイプラインを通してSet-ADOrganizationコマンドレットに渡します。

Set-ADOrganizaitionUnitコマンドレットでは、変更したいプロパティのパラメーターに変更後の値を指定します。

下記はCustomerという組織単位を取得して「説明」に「カスタマーサービス」と設定します。

まずcoprp.contoso.comの直下にある組織単位の中からCustomerを探しています。次にパイプラインで受け取った組織単位の説明プロパティに”カスタマーサービス”と設定します。

Get-ADOrganizationalUnit -Filter 'Name -eq "Customer"' -SearchBase "DC=corp,DC=contoso,DC=com" -SearchScope OneLevel | Set-ADOrganizationalUnit -Description "カスタマーサービス"

上記を実行すると、下図のように「カスタマーサービス」が設定されます。

次回はRemove-ADOrganizationUnitコマンドレットを紹介する予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>