VimをインストールしてPowerShellから使用する

Vimの入手、インストール、PowerShellからの使用について説明したいと思います。

入手

日本語版VimはKaoriYa.netさんのところから 入手可能です。

現時点で最新版は7.1のようです。 


インストール

 Ver.7.1で説明します。

vim71-20080531-kaoriya-w32j.exe をダウンロードしてきたら ダブルクリックして解凍します。

vim71-kaoriya-w32j というフォルダが作成されその中にファイルができあがります。

このフォルダをリネーム(vim71としました)して好きな場所に移動してください。(C:\Program Files\vim71 へ移動したものとします)


起動

PowerShellから起動できるようにするための前準備をしましょう。

まずはプロファイルを開いて、下記の1行を追加します。

Set-Alias vim 'C:\Program Files\vim71\vim.exe'

プロファイルの場所は、コマンドラインで$Profileと入力することで確認できます。 存在しない場合は新規で作成してください。

プロファイルへの書き込みが完了したら、PowerShellを再起動し、コマンドラインで

PS > vim

と入力します。するとPowerShell上でvimエディタを使用することができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>