[グループポリシー管理] グループポリシーのインポート

Import-GPO

バックアップしていたGPOをインポートするには Import-GPOコマンドレットを使用します。

指定したGPOにインポートする

バックアップしておいたGPOを指定した既存のGPOにインポートするにはTargetNameパラメーターPathパラメーターを使用します。

TargetNameパラメーターにはインポート先となるGPO名称を、PathパラメーターにはバックアップしておいたGPOがあるパスを指定します。

下記は、バックアップしておいたScreenSaverPolicyというGPOをSSPというGPOにインポートする例です。

Import-GPO -BackupGpoName ScreenSaverPolicy -TargetName SSP -Path C:\GPOBackup

インポートが完了すると、どこに何時にインポートしたのかといった情報が表示されます。

インポートするときにGPOを作成する

先ほどの例では、バックアップから既存のGPOにインポートを行いました。

CreateIfNeededスイッチパラメーターを利用すると新しいGPOを作成してインポートをすることが可能です。

下記はバックアップからインポートするときに新しいGPOを作成する例です。

SSPというGPOを作成してインポートを行います。

Import-GPO -BackupGpoName ScreenSaverPolicy -TargetName SSP -Path C:\GPOBackup -CreateIfNeeded

次回は新しいGPOを作成するコマンドレットについて紹介する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>