文字列を使いこなす ~その3~

・任意の文字列の文字数をカウントする

任意の文字列の文字数をカウントするにはLengthプロパティを使用します。

たとえば、”おはよう” の文字数をカウントするには下記のようにします。

"おはよう".Length

変数に入っている文字数もカウントすることができます。

$moji = "おはよう"
$moji.Length

バイト数をカウントする

先ほどは、Lengthプロパティを使用して文字数をカウントしました。

文字数ではなく、バイト数をカウントするにはEncodingクラスのGetByteCountメソッドを使用します。

下記はGetByteCountメソッドを使用して、バイト数をカウントする例です。

実行すると8を返します。

EncodingクラスのGetByteCountメソッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>