PowerShellでSQLiteを使用する(1)

SQLiteは、サーバーとしてではなく、アプリケーション組み込んで使用する軽量なデータベースです。

.NETのライブラリが提供されているので http://www.sqlite.org/download.html にアクセスして Precompiled Binaries for .NET と書かれたところにある System.Data.SQLite というリンクをクリックします。

次に、自分が使用しているPowerShell に合わせ、zipファイルをダウンロードして解凍します。

今回 sqlite-netFx20-binary-Win32-2005-1.0.88.0.zip を入手して解凍しました。

ここまでで準備完了です。

次はPowerShellを開いて下記コードを入力し、アセンブリをロードします。パスはご使用の環境合わせて変更して下さい。

[System.Reflection.Assembly]::LoadFile("C:\Work\DB\System.Data.sqlite.dll")

次に、接続文字列を作成し、データベースを開きます。

接続文字列はConnectionStringプロパティに設定します。データベースを開くにはOpenメソッドを実行します。

$sqlite.ConnectionString = "Data Source = C:\Work\DB\data.db"
$sqlite.Open()

データベースを閉じる場合はCloseメソッドを実行します。

$sqlite.Close()

データベースの開き方と閉じ方がわかりました。

あとはデータの追加方法や取得方法について学んでいけばOKです。

今日は時間がないので、ここまでとします。

続きは次回….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>