文字列を使いこなす ~その1~

・文字配列を作る

文字列をカンマで区切って変数に代入します。

$fruit = "Apple","Banana","Orange"

$fruit[0]にはApple, $fruit[1]にはBanana, $fruit[2]にはOrangeが格納されます。

・文字配列を連結して1つの文字列にする

stringクラスのJoinメソッドを使用して連結することができます。

Joinメソッドの第1引数には文字列を連結するときの文字を、第2引数には配列変数を指定します。

下記を実行すると、Apple-Banana-Orangeという文字列が作成されます。

[string]::Join("-",$fruit)

文字列を分割する

文字列はsplitメソッドで分割することができます。引数には分割に使用する文字を指定します。
たとえば、先ほど作成した”Apple-Banana-Orange”を”-“で分割するには、下記のようにします。

"Apple-Banana-Orange".Split("-")

文字列を使いこなす1

文字列を使いこなす ~その1~” への1件のコメント

  1. 内容が浅すぎる・・・ 単なるコマンドの説明・・・ より:

    内容が浅すぎる・・・ 単なるコマンドの説明・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>