[トラブルシューティング] トラブルシューティングパックを利用する

Windows 7のコントロールパネルには「トラブルシューティング」という項目があります。

 

このトラブルシューティングはPowerShellからも実行することが可能で、TroubleShootingPackというモジュールをインポートすることで使用可能になります。

Import-Module -Name TroubleShootingPack

モジュールを読み込むと

  • Get-TroubleShootingPack
  • Invoke-TroubleShootingPack

の2つのコマンドレットが使用可能になります。

Get-TroubleShootingPackはトラブルシューティングに関する情報を取得するコマンドレットで、Pathパラメーターにトラブルシューティング パックへの相対パス、絶対パス、または UNC パスを指定します。

「トラブルシューティングパックのパスはどこか?」ですが、これは C:\Windows\diagnostics\system にあるフォルダーとなります。

 

たとえばAudioに関するトラブルシューティングに関する情報を得たい場合は下記のように入力します。

 


Get-TroubleShootoingPack  -Path  C:\Windows\Diagnostics\System\Audio

 

 

実際にトラブルシューティングを行うにはInvoke-TroubleShootingPackコマンドレットを使用します。

例えば、先ほどのAudioに関する情報を使用してトラブルシューティングを行うには


Get-TroubleShootingPack  -Path  C:\Windows\Diagnostics\System\Audio | Invoke-TroubleShootingPack