[PowerShell PowerBoots] メインウィンドウの各種設定を行う

今回はPowerBootsのWindowの設定についてです。

これまでの記事

で 

Boots {}

と記述すればWPFのWindowを表示できることを説明しました。

ただし、この記述だけでは外観や表示位置はデフォルトのままです。

そこでWindowプロパティを設定し外観や表示位置を変更してみましょう。

 


プロパティの記述位置

PowerBootsのWindowのプロパティ記述位置は {}の前または後のどちらでも構いません。

Boots プロパティ {}
Boots{} プロパティ 

Window表示位置

Windowの表示位置の設定は Left, Top, WindowStartupLocationなどのプロパティを使用します。

たとえばスクリーン中央に表示する場合は

Boots -WindowStartupLocation "CenterScreen" {} 

スクリーン左端と上端からの位置を指定する場合は

Boots -Left 100 -Top 200 {}

のように記述します

 


Windowの幅と高さの変更

幅はWidth、高さはHeightプロパティを使用します

Boots -Width 200 -Height 100 {}

Windowタイトルの変更

タイトルはTitleプロパティを使用します

Boots -Title "PowerShell from Japan" -Width 300 -Height 100 {}

 

このほかにも設定可能なプロパティは数多くあります。

Windowプロパティについては
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.windows.window_properties(VS.85).aspx

を参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>