[コマンドレット] ConvertFrom-Json

PowerShell V3ではJSON形式のデータを扱うことができるコマンドレット

  •  ConvertFrom-Json
  •  ConvertTo-Json

が備わっています。

今回は、ConvertFrom-Jsonコマンドレットについて紹介します。

ConvertFrom-Jsonコマンドレットは、Json形式のデータを取り込むためのコマンドレットです。

まずは、Json形式のデータ(文字列)を準備し、その文字列をConvertFrom-Jsonコマンドレットを使用して取り込んでみます。

$a = '{"Name":"HIRO","AGE":40,"Birthday":"1972/6/19"}'
$a | ConvertFrom-Json

結果は、下記のようになります。

今度は下記のようにして結果を変数に取り込んでみます。

$data = ($a | ConvertFrom-Json)

上記のようにして結果を変数に取り込むと

$data.AGE

のようにして、各データにアクセスすることが可能です。

最後にJsonファイルからの読みを行ってみます。

例として、先ほどの文字列を下記のように記述したJsonファイル(example.Json)を作成して読み込みを行ってみます。

{"Name":"HIRO","AGE":40,"Birthday":"1972/6/19"}

上記Jsonファイルを読み込む例は下記の通りです。

Get-Content C:\Work\example.json | ConvertFrom-Json

実行結果は下記の通りです。

[コマンドレット] ConvertFrom-Json” への2件のコメント

  1. ピンバック: [コマンドレット] ConvertTo-Json | PowerShell from Japan!! Blog

  2. ピンバック: PowerShellでJSONを触ってみる(続き) | guitarrapc.wordpress.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>