[コマンドレット] ConvertTo-Json

前回は ConvertFrom-Json コマンドレットを使用して、JSONデータを読み取る方法について紹介しました。

今回は ConvertTo-Json コマンドレットを使用して、JSONデータを作成する例を見ていきたいと思います。

まずは、キーと値からなる文字列からJSONデータを作成して忌みます。

$json = @{Name="HIRO"; Age=40; Birthday="1972/6/19"}
$json | ConvertTo-Json

実行結果は下図のようになり、JSONデータが作成されることがわかります。

今度は、JSONファイルを作成してみます。

先ほどのコマンドの後に、ファイルを出力するコマンドを追加するだけです。

このとき、ConvertTo-Jsonコマンドレットにパラメータ compress を付加すると、改行を含まない形でデータを作成することが可能です。

$json | ConvertTo-Json -Compress | tee C:\Work\example.Json

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>