復元ポイントを取得するには

Get-ComputerRestorePoint を使用すると、ローカルコンピューターの復元ポイントを取得することができます。

このコマンドレットの実行には管理者権限が必要なので、注意が必要です。

PowerShellを管理者権限で起動したら、以下のように入力して復元ポイントを取得してみましょう。

Get-ComputerRestorePoint

実行結果例は下記の通りです。

復元ポイントが作成された日時(CreationTime)、復元ポイントの番号(SequenceNumber)、説明(Description)、イベントの種類(EventType)、復元ポイントの種類(RestorePointType)などが得られます。

Get-ComputerRestorePointの実行例

復元ポイントの番号がわかっている場合には、-RestorePointパラメータで指定することができます。

Get-ComputerRestorePoint -RestorePoint 41

また、最後に実行した復元ポイントのログを取得したい場合には-LastStatusパラメータを使用します。

Get-ComputerRestorePoint -LastStatus

復元ポイントを取得するには” への1件のコメント

  1. ピンバック: システムを復元するには | PowerShell from Japan!! Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>